☆令和が生んだミラクルカップルー11月22日は1回目の結婚記念日☆【練習22日目】
moyashimoyashi

moyashiとtakayonは令和元年いい夫婦の日に結婚したミラクルカップルです☆

2020年11月22日は1回目の結婚記念日

今日、2020年11月22日は、1回目の結婚記念日で一日中お祝いムードで過ごしました。

まずはプレゼント交換

まずはプレゼント交換

結婚記念日ということで、お互いの好きなものをプレゼント交換しました。

私には「Apple Watch」を贈り、妻からは「オーディオ装置」をいただきました。

さらに妻からは、心のこもったお手紙までもらいました。

妻からは、心のこもったお手紙までもらいました

オーディオ装置も、もちろんうれしかったのですが、お手紙を書いてくれたことが一番うれしかったです。

お手紙はこころのこもったもので、takayonが私のことをどう思っているのか、知ることができて最高でした。

残念なのは、私がお手紙を書かず渡せなかったこと。

そこで、この記事で妻への手紙を書き、全世界の人々に見てもらおうと思っています。

アップルウォッチの贈呈式

アップルウォッチの贈呈式
moyashimoyashi

Apple Watchです、どうぞお納めください

takayontakayon

うむ、感謝する。お前とおそろだな

オーディオ機器の贈呈式

オーディオ機器の贈呈式
takayontakayon

ありがたくうけとりたまえ

moyashimoyashi

from=”right”]ありがたくちょうだいいたします

takayonへのお手紙

ちょっとだけ恥ずかしいので、隠してあります。

takayonは、クリックして見てね!

takayonへ~結婚してくれて本当にありがとう~

takayonへ

いつも看護師のお仕事で疲れ切っているのに、晩ごはんや夜食を作ってくれてありがとう!

いつも思うことはtakayonは「本当に優しいな」ってこと。

本当の優しさは、強さからくるものだと思うので、すごいなって尊敬しています。

そういう人に私はなりたい。

正直、私はがんこで難しい人間だと思います。

takayonでなかったら、結婚生活も1年続かなかったでしょう。

私達はいつもささいなことでけんかをするよね。

でも、いつもリードして、もとの幸せな状態に導いてくれるのはtakayon。

私は本気で離れたいと思ったことは一度もないよ。

この先も一度もないよ。

ずっとそばにいてください。

こんな私ですが、かわいいおじいちゃん&おばあちゃんになって、人生を終えるまでずっと心と手をつないでいてください。

takayonと一緒にいれて、最高に幸せです。

2回目の結婚記念日も一緒に祝おうね。

これからもどうぞよろしくおねがいします。

プレゼント交換までできてしまう仲のよさ

当初は、クリスマスのプレゼント交換ということでスタートしました。

今年はお互いの好きなものプレゼントする、ということで、「今、一番欲しいもの」を言いあいっこしました。

takayonは基本的に物欲がないので、私からApple Watchを提案しました。

私もApple Watchをしているので、おそろです。

とことんラブラブですね!

takayontakayon

ふつうに考えてのろけすぎやろ

私達の出会いについて

このブログを見てもmoyashiとtakayonって誰やねん、何やねんと思われる方が多いでしょう。

実は私達夫婦は、ミラクルカップルなんです。

ここでは、どのようにミラクルなのか、書きたいと思います。

moyashimoyashi

ここからは長いので、暇な人だけ読んでね!

moyashiは結婚を諦めていた……

私は30歳ごろに精神系の病気にかかり、10年程度ニートでした。

精神病かつ無収入のニートが結婚できることなんて、まずありません。

でしょ?

そういったこともあり、母には「茶飲み友達でもおったら作ったらええやん」と言われていました。

優しく遠回しに、「結婚は無理やね……」って言ってくれていますね!

私は病気にかかったときに心を閉ざしてしまい、友達がいなくなってしまいました。

悲しい……。

moyashimoyashi

一人で生きていくつもりでした☆

takayonは結婚を諦めていた……

ここはtakayonが書いたほうがいいとは思うのですが、なにぶん多忙なため、moyashiが代わりに書きます。

これは、これまでに聞いたことのある話をまとめたものです。

takayonは、35歳ぐらいまで「めっちゃ結婚したい」とか、人生でなにかを成し遂げたい」と思うことはあまりなかったそうです。

takayon看護師になる決意

それが35歳を機に覚醒し「看護師」になる決意をします。

それまでは「看護師にだけはなりたくない」と言っていたそうです。

しかし、看護師になることはかんたんなことではありません。

まず、看護師になるには、専門学校を卒業する必要があります。

35歳で専門学校に通っても、周りは10代・20代が大半。

うまく周りになじめないこともあっただろうし、辛い部分もあったと思います。

ですが、そこで心が折れず、本当に夢を実現させたのは、偉業です。

結婚について考えるようになった

ちょっと話はそれましたが、看護師になったことを機に、結婚についても考えるようになりました。

でも、多忙なことや年齢的なことを考えると、友達の紹介などは難しかったようです。

そこで、お見合いサービスに登録しました。

そのお見合いサービスは有名なところで、やり手の方が担当になってくれました。

しかし、その方は自分の実績を自慢することは多くても、takayonのことを考えたお手伝いはしてくれませんでした。

しかも、その有名サービスはお値段がお高い。

利用をやめました。

そんなこともあり、takayonも結婚を諦めていました。

そんなmoyashi&takayonがペアーズで出会う

ここでmoyashiとtakayonがどのようにして出会ったのか?、moyashi目線で語ります。

moyashiはなぜ結婚できるようになったのか

moyashiは、どたんばで奇跡を起こしました。

10年間ニートだったわけですが、最後に挑戦した「アフィリエイト」という仕事がフィーバーしたのです。

アフィリエイトとは、商品を紹介する記事を書き、その商品を買ってもらうことができれば、広告費としてお金をもらえる仕組みのものです。

そこで年収1千万超えのミラクルが起きました。

「これは結婚できるかもしれない☆」と思い、Pairs(ペアーズ)というマッチングアプリ(結婚・お付き合いを前提とした出会いアプリ)に登録してみました。

Pairs(ペアーズ)はがっかりアプリ?

ペアーズの仕組みをまとめます。

  • 男性のみ有料
  • 女性は無料
  • moyashiは月2,000円ぐらい払っていた(記憶が曖昧です)
  • moyashiは年収を半額以下に偽って登録(お金に強い興味がある人が嫌だったため)
  • 24時間、悪質な利用者がいないか、監視員がパトロールするアプリ(でも無法地帯な部分も……)
  • 女性側は男性から猛アピールをうけまくる
  • 男性側はメッセージを送っても、なかなか返事をもらえない

男性は男性ならではの大変さ、女性は女性ならではの大変さがあるようです。

登録をすれば、すぐにベストな相手が見つかる!、というものではありません。

moyashiは4人の方とメッセージ交換

一人目「子持ち隠し」さん

メッセージのやり取りは弾むのですが、子持ちであることを隠しているようでした。

お互い連絡を取り合わないようになりました。

この方とはお会いしていません。

二人目「ダークサイド」さん

ペアーズに疲れきっているようで、「まずは会いましょう」ということになりました。

ペアーズ婚活がうまくいかず、メッセージのやり取りを省略したかったようです。

実際にお会いしましたが、これから先を考えていけそうな方ではありませんでした。

三人目「takayon」さん

未来の私の奥さんになるtakayonさんです。

少しメッセージのやりとりをして、感じがいい方だったので、「お会いしませんか」と声をかけてみました。

そこから音信不通になったので、「だめだったか……」「あかんこと言ってしまったかな……」と少々凹みました。

最後に「会いましょうっていって、傷つけてしまってたらすいません。」と送りました。

そして、次の日に「すぐ返信しなくて失礼でした……」と。

なんとお優しい人なんだと安心しつつ、実際にお会いしました。

そこで、私は「結婚を前提に付き合ってください」といきなり告白します。

四人目「お金・仕事のこと気にしすぎ」さん

仕事が忙しくてペアーズの退会を忘れていたのですが、何件かメッセージをもらいました。

どこまでお金のことを聞いてくるか面白そうなので、少しだけやり取りをしました。
(※すいません……)

「一人で仕事してて不安じゃないですか?」

「お金のこととか、大丈夫なんですか?」

「やっていけそうな感じなんですか?」

趣味などの話は一切なしです☆

お付き合いスタートとプロポーズ

ここでは、takayonとのお付き合いからプロポーズまで語ります。

価値観がとにかくあう

takayonとのお付き合いがスタートします。

takayonとは、とにかく価値観があいました。

  • ゲームが好き
  • 一人も好き
  • 子供がほしい
  • 猫・犬好き
  • ドライブ好き

特に「ゲームが好き」の部分が、二人の距離を一気に縮めてくれました。

モンスターハンターワールド(通称モンハン)というゲームが、二人の仲人かもしれません。

takayonの休みに、私が車でPS4とPCモニタをもってお邪魔し、二人で仲良くゲームをしながら心の距離を縮めました。

ついにプロポーズする

私は、takayonの仕草やかけてくれる言葉が、心に刺ささるようになりました。

そして、プロポーズを決意します。

プロポーズは、takayonにかんたんな3択クイズのようなものをし、私と同じものを選んだ場合にする、と決めていました。

一番肝心なところが緊張で、記憶が曖昧に……、なんですが、

  1. 旅行とか思い出に残せるもの
  2. 指輪とか、もの・形で残せるもの
  3. 形には残せないけど、とても大切なもの

takayonは迷わず「形には残せないけど、とても大切なもの」を選んでくれました。

私が考えていたものと見事に一致しました。

そこで、私は勇気を振り絞って

「結婚してください!」

とお願いし、takayonは泣きながら、

「お願いします」

とこたえてくれました。

moyashi&takayonのミラクルカップル誕生 まとめ

結婚記念日の話から、ミラクルカップルの話に飛び、お伝えしたいことがぼやけてしまったので、「ミラクルカップル誕生」について、まとめます。

  • 10年間ニート&精神病で結婚できたのがミラクル
  • ペアーズは正直ナンパな場所、結婚までいきうまくいく時点でミラクル
  • 結婚後もうまくいき、お互いを支え合っている・尊敬しあっていることがミラクル
  • この先離れることはない、と強く思えることがミラクル
  • 令和元年11月22日(いいふうふ)に入籍でミラクル
  • takayon家の方々が温かく、本当の家族のようでミラクル
  • takayonが私の母を大切に思ってくれてミラクル

ミラクルだらけです。

これからも、ずっとミラクルです。

家族の話とか、伝えたいことはたくさんありますが、今日はこれぐらいにとどめておきます。

ここからは1回目の結婚記念日!写真集!

結婚記念日
結婚記念日
結婚記念日
結婚記念日
moyashimoyashi

これからも仲良く生きていきましょう!

takayontakayon

せやな

moyashimoyashi

ちなみにピアノをはじめてから、1日も休んだことはありません。今日も練習して、22日連続の記録更新中です。