40歳以上の体外受精は卵子20個必要!?【練習8日目】

takayonがお土産のチョコケーキを買って帰ってきてくれました!

このケーキなら20個ぐらいは食べられます☆

moyashimoyashi

この記事はmoyashiが書きました!

【Lemonを弾いてみたい】Simply Pianoで練習中8日目

本格的にはじめて1週間とちょっとですが、本気でがんばっています!

コードmoyashi

「ボブ・ディラン-風に吹かれて」を弾いてみました。

これは練習をちょっとしてからの一発撮りでしたが、

音符198/204、タイミング92%、アシスト100%

と、私にしてはなかなかの記録を叩き出せました。

このあと日付が変わるまで練習したのですが、右手に限界が訪れたので諦めて明日に譲ることにしました。

右手の小指部分「ソ」がうまく弾けなくて、すごいパワーでキーを押しているため、けんしょうえんみたいな感じになっていると思うんです。

ピアノの弾き方動画などを見て、構え方・押し方などを練習します。

妊活について

ここでは、moyashi目線での妊活と私達の現状について、述べたいと思います。

妊娠や妊活については、妻のtakayonのほうが詳しいですし、正確に説明できると思うので、詳細はそちらにゆずります。

今回で3回目の体外受精

先日、3回目の体外受精に挑戦してきました。

今回は「顕微授精」という方法で受精をうながしました。

顕微授精とは、採卵した卵子に針を刺し、その先から精子を送るという方法です。

顕微授精のイメージ />
</div>
<p class=引用元:不妊College

みなさんも映像・画像でみたことがあるかもしれません。

卵子と精子が出会ってから、細胞が分裂をはじめるのですが、今回はうまく分裂が進みませんでした。

41歳での体外受精について

takayonは現在41歳(※)ですが、1年単位で体外受精の成功率はガクンと落ちていきます。
※2020年11月時点

40歳以上の場合、卵子20個は覚悟しないといけない、とドクターが解説されていました。

そのため、43歳以上になると、体外受精はまず成功しないそうです。

体外受精は3回まで補助金「1回目50万円」「2回目20万円」「3回目20万円」がでますが、43歳以下であることが条件です。

私達夫婦は2021年の3月まで、諦めずに妊活を進めて行こうと思っています。

妊活で大切なのは「夫婦お互いで支え合うこと」

妊活といえば、妻側が辛いものと思われがちですが、夫側も辛いものがあります。

なかなか表には出せないですが、私も妊活でうまくいかなかった話を聞くとダメージを受けるときがあります。

ですが、夫婦で支え合えば、お互いの心理的ダメージは軽減できると思っています。

そして、前向きに妊活を進めていくことができるはずです。

子供は授かりもの

子供は授かりものですよね!

もし、授かることができたらたっぷりの愛情を注ぎます。

もし、授かることが叶わなかったとしても、takayonとずっと仲良く生きていこうと思っています。

その時は、トイプードルと猫ちゃんを飼いたいですね!

今日の晩ごはん

今日は妻が「なんとかディティール」みたいな名前の有名店のチョコケーキを買ってきてくれました。

さらに、takayonの実家からお義母さんの手作り料理もいただきました。

めちゃおいしかったので、写真をあげまくります。

なんとかディティール

なんとかディティール

パスタのサラッだ!

パスタのサラッだ!

絶品!たまごやき

絶品!たまごやき

カレー風味の炒めもの

カレー風味の炒めもの

味を極限まで染み込ませた肉じゃが

味を極限まで染み込ませた肉じゃが

takayonのお母さん

私はお義母さんのことが大好きです!

どこが好きかというと深い話になるので、また、他の記事にゆずります。